昭和37年 9月25日 上水内郡福祉組合が水内荘を設置(定員70名)
昭和40年 4月11日 長野県社会福祉事業団に経営移管
昭和60年 8月 6日 移転改築
平成 4年 5月 1日 通所事業開始(定員10名)
平成 8年 5月 1日 グループホーム『伊豆毛の家』開設(定員4名)
平成11年 5月 1日 通所定員増(12名)
平成12年10月 1日 グループホーム『中尾の家』開設(定員5名)
平成13年10月 1日 障害児(者)地域療育等支援事業開始
平成15年10月 1日 自活訓練事業開始
(自活訓練棟『チャレンジハウスはばたき』開設)
平成16年 4月 1日 通所定員増(19名)
4月 1日 自活訓練棟『本町の家』開設
4月 1日 長野圏域障害者総合支援センター『歩楽里』開設
10月 1日 グループホーム『立町ホーム』開設(定員4名)
平成17年 1月 1日 長野市より『豊野こぶし共同作業所』委託
3月 1日 グループホーム『相之島ホーム』開設(定員4名)
3月10日 通所定員増(27名)
3月10日 食堂及び通所利用者用デイルーム増築工事完了(100.78u増)
4月 1日 自活訓練棟『本町の家』グループホームへ移行(定員6名)
5月 1日 『水内荘基本構想』策定
10月 1日 グループホーム『鷲寺ホーム』開設(定員5名)
平成18年 4月 1日 通所授産施設『八雲作業所』開設(定員20名)
4月 1日 グループホーム『南郷の家』開設(定員5名)
10月 1日 水内荘グループホーム・ケアホームセンター開設
12月 1日 グループホーム『高木ホーム』開設(定員4名)
平成19年 4月 1日 入所定員減(70名⇒60名へ)
4月 1日 『八雲日中活動総合センター』開設(定員20名)
4月 1日 グループホーム『栗原ホーム』開設(定員4名)
5月29日 長野圏域障害者総合支援センター『歩楽里』移転
12月 1日 グループホーム『ドマーニ小嶋』開設(定員6名)
平成20年 3月28日 作業棟増改築工事完了
平成21年12月12日 グループホーム『コーポやまなみ』開設(定員6名)
平成22年12月31日 自活訓練棟『チャレンジハウスはばたき』閉鎖
平成23年 1月 1日 グループホーム『服部ハイツ』開設(定員6名)
1月 1日 新事業体系へ移行
名称変更『知的障害者援護施設 水内荘』から『水内荘』へ
施設入所支援事業所(定員42名)
生活介護事業所(定員68名)
短期入所事業所(定員10名)
1月 1日 『八雲作業所』・『八雲日中活動総合センター』新事業体系へ移行。『八雲日和』へ名称変更
平成23年 7月 1日 施設入所支援事業所定員減(42名⇒40名)
平成24年 2月 1日 グループホーム『あさのホーム』開設(定員5名)
平成24年 4月 1日 『小春日和』開設(定員20名)
4月 1日 「豊野こぶし共同作業所」が長野市の委託から指定管理となり、 『長野市地域活動支援センターこぶし』と名称変更
平成24年 6月29日 大規模改修工事完了(管理棟・男女居住棟・体育館)
4人部屋⇒2人部屋、2人部屋⇒1人部屋へ
スプリンクラー設備設置
短期入所事業所定員減(10名⇒6名へ)
平成24年 7月 1日 グループホーム『伊豆毛の家』を閉鎖し、旧自活訓練棟『チャレンジハウスはばたき』へ移転(名称・定員変更なし)
平成24年 9月 8日 『水内荘創立50周年記念感謝祭』開催
平成25年 1月 1日 水内荘にて『一般相談支援事業所』『特定相談支援事業所』の指定を受ける
歩楽里にて『一般相談支援事業所』『特定相談支援事業所』『障害児相談支援事業所』の指定を受ける
平成25年 3月 4日 第2作業棟建設工事完了
平成25年 4月 1日 法改正に合わせ『水内荘グループホーム・ケアホームセンター』が『みのちグループホームセンター』へ名称変更
平成26年4月1日 グループホーム『りんごの木』が泉平ハイツより移管(定員7名)
平成26年8月1日 八雲日和生活介護従たる事業所『ほのぼのハウス』開設